陰部 黒ずみ

陰部の脱毛が一般的になっていて10人に1人ぐらいは陰部を脱毛していると思います。

陰部の脱毛すると陰部の色がきれいになり見た目もさっぱりします。

しかし脱毛した時に気になるのは陰部の黒ずみです。

陰毛が消えてしまうと陰毛の邪魔がなくなってしまい、逆に肌の黒ずみがクローズアップされてしまいます。

なかなかお風呂に入った時など電灯が暗いので、陰部をじっと見ることはないのですが、何かの拍子に例えばナプキンをつけるときなどに陰部ふとみた時、こんなに黒ずんでるのかと思うことがあります。

陰部の黒ずみというのは肌の色だから、もともと黒くて治らないもの最初はそう思っていましたが、そうではないそうです。

顔のシミは赤ちゃんの時からできているものではありません。

陰部の黒ずみも赤ちゃんの時からあるものではなく途中からできてくるものです。

ですので、きれいにしようと思いはきれいにできるんです。

陰部の黒ずみというのは彼氏がいる時に重症な悩みです。

お泊まりデートなどを考えてる時深刻な悩みなのではないでしょうか。

大切な日に向けて黒ずみをどうにかしたい、そう思っている方はとても多いと思います。

しかし大丈夫、今気づいておけばまだその日までに間に合うことができます。

黒ずみは生まれた時からあるものではなく、もともと合ってどうしようもないものではないので解消しようと思えばできるのです。

ただし時間がかかるので気づいた時には遅いという人もいます。

早いうちに気づくことが出来たあなたはまだ大丈夫です。

陰部の黒ずみの原因とは

陰部の色は黒色から茶色、焦げ茶色など人によって色が違うと思いますが、ある程度遺伝で決まってしまう色というのもありますが、しかし努力次第で変えられる色でもあります。

きれいにすることができます。

肌の黒ずみを化粧品で少しきれいにすることができます。

それと同じように陰部の黒ずみの原因を知ってちゃんと理解し対策をすればきれいにできます。

陰部の色素沈着の原因はメラニンです。

メラニンというのは乳首の組織と同じものですが、メラニン色素の沈着が黒ずみに影響しています。

メラニンは普通の肌にも存在しています。

例えば黒人は皮膚が真っ黒で白人は色が白いです。

これも皮膚のメラニン色素の量によるものです。

www.ssamira.com

メラニンは本来太陽から体を守るために紫外線を浴びたときに放出されるものです。

それで赤道付近にいるアフリカでは太陽の紫外線が強くそれから守るために肌が黒くなったとされています。

それ以外にも陰部の黒ずみの原因は服が擦れるなどの刺激でも起こります。

紫外線の影響係ではないのです。

夏にプールなどに行って一日で皮膚が真っ黒になってしまった、そんな経験をしたことがあると思いますが、このメラニン色素による黒ずみが陰部でも怒っていることなのです。

黒ずみはいつまでも続くのではありません。

紫外線を浴びない冬などになるとだんだんとターンオーバーに従って色が薄くなってくると思います。

冬も体が真っ黒という人はいませんよね。

それは陰部以外にもターンオーバーで肌が新しくなっているからです。

陰部はしかし紫外線が原因ではありません。

1日の生活で起こる刺激やホルモンバランスなどによって常にメラニン色素が沈着するようになっています。

ですので、夏問わずに黒ずみが進行してしまうのです。

これまでの陰部の黒ずみのまとめをすると、

  1. 陰部の黒ずみの原因はメラニン色素
  2. メラニン色素が放出されるのは陰部への負荷がかかることが原因
  3. 陰部の負荷が止まる事がないのでいつまでも黒ずみが続いてしまう

このようなことになっています。

陰部の黒ずみを解消するには逆を言えば刺激を少なくすればいいのですが、下着を着ないなんて日常的にはそんなの無理な話です。

それだと陰部の黒ずみというのは諦めないといけないのでしょうか。

そんなことはありません。

陰部の黒ずみはメラニン色素ですので、他の方法でメラニン色素抑えることができれば黒ずみを解消していると考えられます。

日焼けと同じように原因をシャットアウトすれば良くなっていくということなのです。

陰部の黒ずみをケアするには

その方法とは陰部の黒ずみの原因はメラニン色素だということがこれでよく理解できたと思います。

そして陰部の黒ずみを解消するにはメラニンをなんとかすればいいということがわかります。

www.likeitorlurvit.com

日焼けに例えれば、日焼けしないように傘をさしたり日焼け止めクリームを塗るなどの対策ですね。

それと同じように陰部にもメラニンが生まれる原因をブロックすれば陰部の黒ずみも良くなると考えることができます。

しかし化粧している人ならわかると思いますが、化粧品というのはすぐに色が白くなるのはありません。

コンシーラーみたいに塗ってシミを隠すみたいな方法なら別ですが、美白化粧品を塗って肌の根本から改善するには一か月二か月場合によっては半年も時間があるというのも知っていると思います。

肌のターンオーバーは基本的には30日から60日かかると言われています。

これは年齢によります。

ですので、陰部の黒ずみもシミ隠しじゃありませんので2ヶ月以上かかるということになります。

陰部の黒ずみの元は生理用品などの刺激です。

から刺激を抑えることは無理です。
しかしターンオーバーを正常にするためのことをすれば黒ずみを改善することができます。

男性側から見た陰部の黒ずみというのは

陰部の黒ずみが気になる時はやはり彼氏が出来た時でしょう。

初めて男性にあそこを見られる時に、黒ずんでいるとどう思われるのかということから黒ずみのケアをしたいと思う人が出てくるのでしょう。

私もそうでした。
やはり自分はともかく他人からどう見られるのかというところが気になるのです。

黒ずみというのはあまり良い印象がないというのは想像できます。

シミがたくさんで入っていたらなんとなく汚い感じがします。

黒ずみもたくさんあるとやはり黒いと汚いという風に思われてしまいそうです。

私だけでなくそれ以外の女性もそう考えていると思います。

それで男性は陰部の黒ずみについてどのように思っているのかということを調べてみました。

陰部の黒ずみとは印象について調べてみると、

  • 男性の多くの方は黒ずんでいるのはあまり好きではない
  • 理想をいえばピンク色がいい
  • 黒ずんでいると汚いような感じがする
  • 興奮が冷める

というようなあまり良くない印象のものが多かったです。

それ以外にも印象を受けない原因として遊んでいる人だと思われるというイメージが、やはり男性のどこかには根付いているそうなのです。

これは女性自身の中でもこんな印象があるのではないでしょうか。

黒ずみの元はメラニン色素の沈着ということを理性的に考えれば、そのような噂は全くの事実無根だということが簡単に分かるのですが、感情的になってしまうとこのようなことを信じてしまうのです。

未だにそういう男の人はとても多くそれを打ち消すのはとても難しいことです。

ですので、私たち側から陰部の黒ずみを解消していくしか方法がありません。

そうすることで陰部の色がきれいになって男性から良い印象に見られると思います。

陰部の黒ずみに良いと口コミで噂されるもの

陰部の黒ずみを解消するには雑誌などで様々に根拠のない噂などが立っています。

例えば陰部石鹸で洗えば黒ずみが取れるゴシゴシこするばきれいになると言ったことです。

本当に治したければ美容外科に行けばいいという人もいるでしょう。

しかし自分にしてみればそんなところに行くなんて恥ずかしくてなかなか行かれない、いざ行くとなったら家族にどういいわけしたらいいかわからないそう思ってしまいます。

顔の化粧は普通に百貨店などで化粧品を買えばいいので簡単です。

陰部の黒ずみを取るにもそんな風に簡単に取れたらいいと思うが不思議ではありません。

陰部の黒ずみを良くする方法としては石鹸を使うというのがあります。

ジャムウ石鹸なんかが人気ですよね。
これは実際には黒ずみにはあまり効果がないようです。
臭いにはとてもいいと思います。

個人差はあると思いますが、陰部の黒ずみが石鹸で解消したということはあまり聞いたことがないです。

www.theeverydayruth.com

みんなが口を揃えて言うのは臭いにはとても効果があるということです。
陰部専用石鹸というのはにおい対策に使われているものだと思っていいと思います。

陰部の黒ずみを解消するにはクリームの方が効果的です。

顔美白しようとしたときに洗顔石鹸だけで美白できると思ってる人は少ないと思います。

それで化粧品や化粧水など毎日使ってる方がほとんどだと思います。

陰部の場合も専用石鹸で洗うことは肌を健康に保つ上ではとても良いことなのですが、それが美白につながるかと言うとそうではないのです。

やはり専用のクリームの方が効果的です。

そこで口コミで良いと言われているクリームを紹介してみたいと思います。

陰部の美白クリームランキング

 

陰部の黒ずみに一番人気なのはイビサクリームです。

イビサクリームというのは一か月ほど出すとちょっと肌が明るくなってきたかもと感じる方が多いものです。

成分としては医薬品ではありません。

医薬部外品です。

医薬部外品なので医薬品ほどの効果はないですが、マイルドな効果は期待できるので美白成分がしっかり入っています。

しかも使い方が簡単でお風呂で石鹸みたいに泡パックして流さなくていいので1日2回ちょちょっと塗ればいいだけです。

2番目にオススメなものはハーバルラビットです。

ハーバルラビットは最近開発された陰部の黒ずみを解消するクリームで人気のクリームです。

イビサクリームとの違いは、色素沈着をしないようにサポートしてくれる効果黒ずみにいいと言われているプラセンタのようなエキスやメラニンの沈着を抑えてくれる成分入っているのでいいと言われています。

そして人気の理由はパッケージの写真です。

パッケージの写真が可愛くて陰部用のたと思えないという声が多いです。

そして3番目にオススメしたいのがホワイトラグジュアリーというクリームです。

ビタミンc誘導体というのを聞いたことがあるかと思いますが、逆に有効な成分です。

こちらも医薬部外品に指定されているもので乳首に使う人が多いクリームです。

価格はあまり安くはありませんが、購入するほど安くなってくるので長くケアをしたいということに人気なんだそうです。

ここまでで色々なクリームを紹介してみましたが、個人的に個人的な感想になるのですが、イビサクリームが一番効果的だと感じました。

クリームが効果が出てくるとだんだんと自分で自信の持てるを塗ってきます。

少しでも肌が潤ってくると白くなってくるのかなと思うし、少しでも色が悪くなってくるとやっぱり黒ずみに効果があるんだと自信を持つことができるようになります。

よく見ないとわからないような違いでも少しずつ変わっていくととても嬉しくなります。

ですので、黒ずみに悩んでいるよりは毎日塗り続けた方が結果がついてくると思います。

出産後に全身の黒ずみが悪化する

陰部の黒ずみは生理用ナプキンなどのこすれなどの刺激によるものだと解説しましたが、それ以外にも黒ずみやすい原因があります。

それはホルモンバランスの変化です。

特に有名なのが出産後の黒ずみです。

出産後には黒ずみを気にする人が格段に増えます。

妊娠を経験したことがある人なら誰でもそう思うと思いますが、何だか知らないうちに体のいろんな部位が黒ずんでいくのです。

乳首はもちろんですし、陰部も黒ずんできて股が黒ずんできたりあらゆるところが黒ずんできます。

なぜかと言うとそれはホルモンバランスの乱れなりました。
女性は妊娠するとホルモンがたくさん出るようになります。

これはエストロゲンというものです。

エストロゲンがたくさん放出されるとメラニン沈着が活発になります。

皇室の量も増えます。

それでメラノサイトが活発化しどんどんメラニンが増えていきます。
そうすると黒ずみがひどくなって行きます。

それ以外にも黄体ホルモンというものがあります。

エストロゲンのバランスが崩れてしまうと皮膚の状態も悪くなり生理前の化粧ノリが悪い状態とみたいな状態になります。

それで黒ずみも進行しやすくなっているのです。

出産後の黒ずみというのは赤ちゃん産んだら何なんと良くなると言われています。

しかし治り方が緩慢で中庭黒ずみが残ってしまったという人もいます。
ですので、出産後に黒ずみが悪化した人はなるべく早めに対策しておいたほうがいいと思います。

サプリメントや食べ物で黒ずみに良いもの

黒ずみiことなら何でもしたいサプリメントや食べ物で黒ずみが解消できるならそうした方がいいです。

例えばビタミンcがいいと言われていたりヨーグルトを食べると黒ずみが治るということを言っている人もいます。

確かに食べ物を改善することは良いことです。

しかしそれが効果が出るまでにどのくらい時間がかかるかわみきそうです。

場合によっては効果がないかもしれません。

サプリメントで改善するには6ヶ月とかそのような長い時間がかかってしまうかもしれないのです。

サプリメントというのは医薬部外品と違って食べ物の扱いになっています

健康食品というのは確かに食べ物の種類なのです。

ですので、医薬品のような効果は期待できませんし、医薬部外品のようなマイルの効果も期待できません。

と言うと効果は個人差が大きいということになってしまい6ヶ月食べ続けても黒ずみが改善しなくてもおかしくない状態です。

ですので、サプリメントや食べ物を改善するという方法は美白クリームで黒ずみを解消する上でのプラスアルファの注意位に考えておいたほうがいいと思います。

特に食べ物やサプリメントで体を害してしまうと黒ずみが治る所も治らなくなってしまうかもしれません。

ジャムウ石鹸で陰部の黒ずみが解消できるか

ジャムウ石鹸がネット上にはたくさん販売されています。

ジャムウ石鹸が黒ずみにいいと言われている原因は何なのでしょうか。

それはジャムウ石鹸には天然成分が多く含まれていて皮膚への刺激が少なく抑えられているからです。

もう一つは石鹸が持つターンオーバーの促進作用で垢を落とす作用があるからです。

ジャムウ石鹸の黒ずみに解消効果があると言われている理由はこのような2つの理由によります。

確かに石鹸は刺激的でゴシゴシ洗いすぎたりするとよくないです。

ジャムウ石鹸を使うと天然成分で洗うことができるので陰部に余計な負担がかかりません。

ですので、黒ずみに解消効果があると言われているのは一理あると思います。

しかし私個人の感想になってしまいますが、ジャムウ石鹸を半年使ったところで黒ずみは全く変わりませんでした。

臭いの効果のために使っていたというのもあるのですが、黒ずみにはほとんど効果がなかったように思います。

泡パックについて

陰部をパックするという方法についてしたことがないという方も美白に関係がありそうだということは直感でわかると思います。

パックをすることで毛穴の汚れがきれいに洗い取れて、石鹸に入っている成分が肌に吸い込まれて強く洗う必要がないから

皮膚がガサガサにならない
陰毛についている汚れがとりやすくなる
そのように陰部に普通に石鹸を塗りたくるよりもきれいになるというのは分かります。

普通に洗うよりも泡パックで洗った方が肌の健康も良くなり、ターンオーバーが活発化され黒ずみ解消に効果的だと言われるわけです。

陰部が痒い時は臭いが気になる時生理中などには泡パックがいいと思います。

ゴシゴシ洗わなくて済む上に隅々まで洗浄成分が行き届くのできれいになるからです。

パックを効果的に行うにはお風呂に入って体を水に鳴らしてからジャムウソープで泡立てて天然成分を陰部の肌に行き届かせてきれいにすることができます。

陰部の黒ずみに良い石鹸

黒ずみ石鹸に直接的な効果はないものの、陰部の黒ずみに効果があるということは書きました。

その原因は主に肌が乾燥しにくくなる刺激的な成分入っていないそのようなことから肌の状態が良くなるというメカニズムで陰部石鹸も黒ずみに使わないよりはましです。

ということで陰部におすすめの石鹸を紹介したいと思います。

イビサソープというものがあります。

イビサソープというのは陰部を殺菌してくれるもので肌に潤いを持たせる成分です。

そしてジャムウ石鹸でジャム成分が配合されていて肌の状態が良くなってすべすべになるという接近です。

陰部に刺激がないからというだけで黒ずみには良さそうだと思いませんか。

陰部はイビサクリームとイビサソープをセットにして使えば黒ずみが解消できそうだということは容易に想像できます。

この二つを同時に使うことで黒ずみと臭いとかゆみそして汚れのケアができます。

アミノ系のシャンプーに使われている洗浄成分が配合されていて陰部がマイルドに洗うことができます。

ですので、黒ずみ以外のトラブルを抱えている方にもいいと思います。

イビサクリーム
イビサクリームは他の部位にも使える陰部の黒ずみを解消するクリームというのは他の部位にも使うことができるというのが一般的です。

陰部の黒ずみが気になるという方は体の他の部位も一緒に黒くなっている場合が多いです。

ですのでどうしても一緒にケアしたいという気持ちになってきます。

逆であればできないのですが、陰部に着くように作られているクリームであれば他の部位に使うことができます。

黒ずみ対策は30代と50代では違うのか

化粧品は30代の方が使うものと50代の人が使うものは違うということがご存知だと思います。

そこで陰部の部屋も年齢によって違うのではないかという風に考える人が一般的だと思います。

特に肌が乾燥してくる50代の頃になると保湿成分がたっぷり入ったものでないと陰部のケアも難しくなってくるのではないでしょうか。

陰部も肌の乾燥が進むところ例外ではありません。

ですのでたっぷりと塗ることで油分が与えられて同じクリームで30代の方も50代の方もケアすることができます。

ポイントは塗る量をアップさせるということです。

実際に使っていて分かるのですが、夏の方が乾燥しません。

ですので夏の方が降る量が少ないです。

www.thehouseofboysandagirl.com

ですので年齢的に乾燥がひどくなってきたなと思ったら陰部クリームを少し多めに取ったらいいと思います。

陰部の黒ずみを美容皮膚科できれいにする

レーザーでシミを消すというのは女性なら誰でも知っていると思います。

ですので何とか病院で陰部の黒ずみを解消したい早くきれいにしたいと思う方がいると思います。

陰部の黒ずみも美容皮膚科などに行けばきれいにしてくれるのでしょうか。

実際に美容皮膚科などに問い合わせたところ、陰部専用のレーザーなどがあればできるということでした。

それ以外により薬のようなものもあるということでした。
ただしそれは家からとても遠いところにあり私の通える範囲ではありませんでした。
それは東京にあり電車で2時間ぐらいならないといけないのです。

近くにある皮膚科に聞いたところ、陰部の黒ずみを治すところはありませんでした美容皮膚科というのが家の近くにある方は行ってもいいと思います。

そういう所に行くことで陰部や脇などの黒ずみをきれいにしてくれると思います。

しかし近くにそのような病院がないというのがほとんどだと思います。

その場合はやっぱり他の方法で黒ずみをケアしないといけません。

電話をして聞いたのですが、費用がとても高かったです。

一回にかかる費用は2万円して、それを6回から12回しないといけないということでした。そうすると単純に計算した場合12万円から24万ほどの費用がかかります。

しかも何度も行わなければならず一回で治るものではなかったのです。

そしたら電車賃もたくさんかかってしまいますし、保険がきかない美容皮膚科の費用もとても高いです。

そうやって考えていると1本5000円の美白クリームはとても安いと思えたのです。

しかもその1本1個1000円の美白クリームは資生堂が1万円で販売している美白クリーム(HAKU)と同じ成分が使われているのです。

そう思ったらイビサクリームが5000円するということはかなり安いものだと思うようになりました。

美白化粧品だったら毎月5000円など簡単に出せると思います。

陰部のケアも大事なので5000円出してもいいと思いました。

陰部の黒ずみを悪化させないためには

陰部の黒ずみの原因というのはメラニン色素の沈着ですが、やはり日常的なケアを怠っていると美白クリームを塗ってもそんなに効果が出ないようです。

ですのでクリームちゃんと塗りさえすれば、黒ずみは解消できると思っている方がもしいたらそのような考えはもう一度思い出した方が良いと思います。

まず陰部の黒ずみに良くないのは下着です。

下着の選び方がとても大切です。

下着の選び方といえば綿など自然な素材で出来ていて皮膚に刺激がなく触り心地が良くてきつく締め付けないものであれば何でもいいのです。

そんなに難しいことではありません。

化学繊維のパンツを使っている方はそれを綿のものに変えてみてください。

綿のものの大きめのものにしてみて下さい。

そうすることで皮膚との摩擦が減って行って黒ずみがきれいになっているところは考えられることです。

そして外に遊びに行く時は陰部の日焼け対策も行ってuvカットの洋服などを着た方がいいと思います。

太陽に負けないサプリ.net

陰部の黒ずみをきれいにするために必要なこと

陰部の黒ずみは諦めないといけない遺伝疾患ではありません。

顔の美白と同じです。

やり方次第では結果は変わってきます。

やればきれいになるそうすれば彼氏やパートナーから黒ずんでいると思われることもありません。

しかしやっぱり注意する必要があって口コミは何らかの宣伝を鵜呑みにするよりは効果が医学的に実証されているものを使った方がいいと思います。

ジャムウ石鹸というのは口コミとしては陰部の黒ずみいいと言われていたのですが、やはり口コミ止まりで本当に効果があるものではなかったのです。

それに比べて美白クリームというのは国がちゃんとお墨付きとして医薬部外品に指定していますので、科学的に見ても効果があるものです。

ですのでそのようなものを使って信じて毎日素直につけ続ければきっときれいになると思います。