股の黒ずみクリームは紫外線をカットするものではなくどのくらい股の黒ずみをするのを遅らせられるかということです。

SPFが40のものであれば40倍に時間が伸ばせるということ完全にゼロにすることはできませんので、股の黒ずみクリームだけではなく日傘などでの退社も必要になります。

紫外線対策をしている人していない人では相当な差が出てきます。

つまりすぐには効果が出てこないのですが、じわじわとさが付いてくるということです。

即効性がないので放置しやすいかもしれませんが、そうしていると5年後に全く違う肌になってしまっているかもしれません

股の黒ずみにはどんな対策が取れるのか

どのような食べ物の成分が良いのかについてみていきたいと思います。

まずシミを作らないためには栄養として抗酸化物質を取ることが必要です。

ルテインは目から入る紫外線が脳にメラニンを生成するように指示を出してしまうのブロックしてくれる作用があるといわれています。

それで天然のサングラスという別名がついているぐらいです。
これは青汁によく含まれていたりほうれん草ではブロッコリー人参など色が濃い野菜に含まれています。

もう一つにポリフェノール成分のエラグ酸があります。

エラグ酸は桜イチゴなどに多く含まれていて抗酸化作用とメラニンをブロックする作用があります。

ビタミンEはアンチエイジングのビタミンとも呼ばれていて有名ですが、酸化から肌を守ってくれます。

ニュートロックスサンという成分もあります。

これはやはり果物系から取られた成分を抽出しているもので紫外線を浴びた時に皮膚の中で生成されてしまう活性酸素のダメージを抑える働きがあるとされています。

グレープフルーツといってもスペイン産のものでないと効果がないので日本でグレープフルーツを食べても効果はありません。

ピンク色にする3つの方法


それで股の黒ずみクリームサプリメントにはこの成分が含まれています。

フェーンブロックフェーンブロックはアメリカ大陸から取り出された成分でシダ科の植物からとられたエキスです。

作用としては4つの効果が知られていて皮膚構造を維持してくれたり免疫力がアップさせてくれたりそれがもちろん抗酸化作用もありますし、DNAを保護する作用もあるとされています。

このような植物も普段は摂取することができないのでサプリメントからとる必要があります。

作られてしまったシミを取り消すには股の黒ずみをしてしまってシミができてきたしみになってしまったもう取れないと諦めるのではなく食べ物やサプリメントを摂ることでシミを薄くすることが出来ます。

よく挙げられるのがプロアントシアニジンという成分この成分はアントシアニンという名前に近いことからわかるようにぶどうやクレープの種などに含まれているポリフェノールが効果を表しています。

抗酸化能力が高くて抗酸化ビタミンと呼ばれているビタミンに比べると10倍から100倍程度の酸化作用があるといわれています。

それ以外にlシステインという成分もよく使われています。

lシステインという成分は紫外線を浴びて活性酸素が生まれた時に同時に肌を黒くする成分であるメラニン色素が作られるというところブロックしてくれる成分です。

システインを浴びた後に食べておくとメラノサイトの働きが抑制されて黒ずみを抑えることができます。

これはアミノ酸のひとつですが、体内で合成することもできます。

ですので、必ず食べないといけないわけではありません。

美肌を目指す時の成分美肌を目指す時はどのような成分を摂取したらいいのでしょうか。

なぜビタミンCは非常に大切です。

ビタミンCは抗酸化作用があるのはもちろんですが、コラーゲンの合成を促進してくれる効果があります。
そしてメラニンを還元するという作用もあるとされています。

プラセンタは美白成分にも認定されている成分でシミの原因になってしまうメラニンの生成をブロックしてくれます。
それ以外に紫外線のダメージをサポートしてくれる効果もあるとされています。

股の黒ずみ対策はサプリメントで行う股の黒ずみ対策をサプリメントで行う方が増えています。

股の黒ずみを解消するのに役立つサイトです。
こちらのサイトです→股の黒ずみ