アンダーヘアを処理すると陰部が黒ずむのか

陰部のお手入れとして多くの人が行っているのがムダ毛の処理です。

夏になると水着を着たりすることが増えてアンダーヘアを、合わせて処理している人も多いのではないでしょうか。
冬はのび放題にしていて夏だけアンダーヘアをカットしているという方もいるのではないでしょうか

やはり人に見られる機会がないと面倒くさいのでそのままほったらかしてしまうことが多いですよね。

しかし最近ではきちんと陰部周りの脱毛をしていて脱毛サロンでちゃんとアンダーヘアを処理したり、ヒートカッターなど専用の道具でお手入れしてる方もいるとか聞きます。

しかしここで陰部の黒ずみという問題が深刻になっていると聞きます。

陰部をきれいにしようと思ってムダ毛をカットしたら、黒ずんでしまった黒ずみを見つけてしまったそう思ってショックを受けている女性もたくさんいるようです。

脱毛したら黒ずむのは本当なのか

ムダ毛を自己処理すると黒ずみができるのかということは本当なんでしょうか。

正解はアンダーヘアの処理をすると黒ずみができる場合もあるということです。

なぜ黒ずみができない場合と黒ずみができる場合があるかというと、それはメラニンの色素が沈着するのが肌の刺激があるかどうかで決まってくるからです。

脱毛やシェーバーで刺激をしてしまうとそれを守ろうとしてメラニン色素が生まれてしまいます。

それで脱毛したら黒ずみができてしまったということがあるんですね。

アンダーヘアの処理は自己流でやっていると陰部を皮膚に刺激をしてしまうことはあるので自己処理でしない方がいいんですね。

エステサロンで脱毛したら黒ずんだ

エステサロンで脱毛したら黒ずみがひどくなったということを聞くことがあります。

これは脱毛サロンで脱毛したことが原因なのではなくその後のケアをあまりよくしていなかったということが原因になる場合が多いです。

レーザー脱毛が一般的ですが、レーザー脱毛して皮膚の上に軽い炎症ができます。

そうすると炎症きちんとケアしないといけません。

しかしケアを怠ってしまうと炎症を起こした部分が乾燥したり編集を着たままになってしまいそのためにメラニン色素が多く作り出されてしまいます。

このようにならないためには脱毛した部位をしっかりケアしてあげることが必要です。

そしてレーザー脱毛したらもう一つ注意点があります。

それは肌が一時的に火傷のような状態になってしまうので、肌のターンオーバーが低くなってしまっていることが多いのでターンオーバーを活発にすることも必要です。

アンダーヘアの自己処理で黒ずみができる理由

アンダーヘア自己処理するのは、たいていの場合はヒートカッターやシェーバー、ハサミなどを使う場合が多いと思います。

ハサミで先っぽチョキチョキするぐらいでは黒ずみができる可能性は低いのですが、問題なのはシェーバーでアンダーヘアをカットした場合です。

シェーバーや毛抜きを使って処理をすると、お肌の刺激が強すぎてメラニンが生成されることがあります。

そして色素沈着が長い間ではできる可能性があります。

シェーバーというのは毛を剃ったり抜いたりするときに、毛穴の周りの皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

そしてそのような傷ができると傷ついた部分を修復しようとしてメラニン色素が生成されます。

そのためにはやはり自己処理ではハサミを使うかヒートカッターを使うなどして肌に負担がかからない方法でムダ毛をカットすることが必要です。

ヒートカッターなどは1つあたり3000円ぐらいで販売されていますので、ずっと使えることを考えればあまり高くはないと思います。

脱毛サロンなどに行けば一回何万円もしてしまうので、それに比べるととてもお得だと思います。

そして脱毛サロンは時間がかかりますが、ヒートカッターを使えばすぐにカット出来ますので、急なお泊りの時などにも困ることがありません。

そして自己処理の回数をなるべく減らした方がいいです。

毎日カットするよりはカットしなくていい日は、そのままほったらかしておいた方がいいです。

返すを減らせば減らすほど刺激が少なくなります。

そして自己処理をした後は肌を保湿したり丁寧にケアすることが必要です。

ムダ毛処理の後のお手入れ
ムダ毛をカットした後のお手入れとしてはどんな方法があるのでしょうか。

一つ目はクリームなどで保湿してあげることです。

顔の毛をカットする時にシェーバーなどを使ってうっかりヒリヒリさせてしまったら慌てて化粧水などを塗って鍵をします。

それと同じように陰部もアンダーヘアをカットした後は必ずケアしておかないと黒ずみになってしまうかもしれません。

特に陰部皮膚は瞼よりも遅いのでとても優しく扱わないといけないところです。

参考サイト:あそこピンク.net