夏になると半袖など肌を露出することが増えてくるのでムダ毛のカットをすることが多いのではないでしょうか。

ムダ毛をカットした後に毛穴が黒ずんでいたり思っていたより皮膚がくすんでいるなど黒ずみがムダ毛処理で聞いてくるということはよく聞く話です。

これはわきやすね毛など問題ではなく陰部にも当てはまることです。

デリケートゾーンの黒ずみを解消しようと思ったきっかけとして、ムダ毛の処理ということはよくあるの話です。

陰部の黒ずみの原因はメラニン色素による黒ずみと毛穴の汚れ毛穴の開きが原因の黒ずみを二つの種類があります。

陰部はメラニンの生成が活発な場所なのでメラニンのケアはもちろん必要ですが、毛が生えてくるところで毛穴の汚れというのも黒ずみの原因となっています。

ですから陰部の黒ずみをケアする時もメラニンだけではなく毛穴の黒ずみについてもケアしてあげないと綺麗になったことにはなりません。

それでこのページでは陰部のメラニン色素沈着と毛穴の黒ずみという2つの黒ずみを解消するためにはどうしたらよいのかということを書いていきます。

黒ずみの種類は2つ

陰部の黒ずみの原因はメラニンがよるもの毛穴によるものの二つの種類があるということを紹介しましたが、これらの2つの原因は全く異なる原因で対策方法が異なります。

メラニン色素が沈着することで怒る黒ずみというのはメラニンの蚊活発な状態それと刺激が続いていることによる自己防衛反応その二つの原因があります。

一方毛穴の黒ずみというのは、毛穴の中に古い角質などが詰まってしまうことで、怒る黒ずみで陰部は体毛が濃く、毛穴が分厚く他の部位の毛穴よりも詰まりやすくアンダーヘアを処理した場合に黒ずみがしやすい所です。

そしてポツポツと毛穴が目立ってしまうというトラブルもありこれが黒ずみの印象を強くしてしまっています。

それぞれに対策方法が異なっていますので、それに応じたケアをしないといけません。

メラニンが原因の黒ずみを解消する方法

まずメラニンが原因の黒ずみを解消する方法について解説します。

メラニンが原因の黒ずみというのは一般的にメラニン生成を抑えることと色素沈着が進まないように肌のターンオーバーを正常にするという2つのポイントがあります。

メラニンが生成される原因には肌の刺激が主な原因となっています。

ですので肌の刺激をなるべく少なくすることが必要です。

それ以外にもメラニンが沈着してしまった皮膚を早くターンオーバーで排出することを助けることも必要です。

それができるのが黒ずみクリームというものになります。

毛穴が原因の黒ずみを解消する方法

黒ずみの原因として毛穴が原因で黒ずむというのがありますが、毛穴が原因で黒ずむというのには肌が乾燥していて皮脂がたくさん出てしまっている場合やターンオーバーが正しくない状態になっていて、老廃物が毛穴にたくさん溜まってしまっているということが挙げられます。

そのため毛穴が原因の黒ずみを解消するためには、皮脂の過剰な分泌をストップして古い皮膚などが毛穴の中にたまらないように肌の新陳代謝をアップさせることが必要です。

陰部は他の場所よりデリケートなところなので下記のように手荒に扱ってしまうと黒ずみが悪くなるかもしれません。

というのは皮脂を過剰に落としてしまうと乾燥してしまい臭いや黒ずみといった原因になるからです。

ですので毛穴が原因の黒ずみを解消するためには陰部専用石鹸を使うのが理想的です。

陰部専用石鹸は保湿ができて肌の状態を良くしてターンオーバーを活発にさせるため効果的です。

それにはアンボーテフェミニーナウォッシュやジャムウソープと言った石鹸が有名です。

このような石鹸は陰部の醤余計におばさず適度に保湿してくれるので肌の状態を良くしてくれるのに役立ちます。

さらに陰部のにおいに効果があるという面もありますので、臭いと黒ずみが同時にケアできます。

女性ホルモンのバランスが崩れると黒ずみになるのか

陰部の黒ずみ見つけてしまってどうにか対策したいという女性はとても多いのですが、黒ずみの原因はいろいろあって、陰部の肌の刺激や下着とのこすれといった外部的な要因もありますが、しかしメラニン色素の沈着に深く関わっているのはホルモンバランスの乱れです。

メラニン色素が沈着するのは主に体の肌が日光に当たって紫外線をブロックするために生まれる日焼けと思いがちですが、しかし陰部は紫外線が当たる可能性は考えられません。

となると原因は9的なものもあります。

その一つがホルモンバランスです。

ホルモンバランスが乱れることでメラニンが沈着してしまい肌が黒ずむこともあります。

ホルモンバランスの乱れと黒ずみ

 

女性ホルモンと黒ずみとは密接な関係があります。

女性ホルモンって言っても二つの種類がありエストロゲンとプロゲステロンの二つの種類があります。

このホルモンが黒ずみに大きく関係してしまいます。

まずエストロゲンの働きですが、エストロゲンは妊娠中に大量に放出されるホルモンです。

エストロゲンも黄体ホルモンも妊娠や出産生理などに深く関わっていうホルモンで2つがバランスよく出ていないと妊娠や生理が正常に怒りません。

この女性ホルモンは卵巣から出ていて卵巣から来のホルモンを出させるメールを出すのが脳の下垂体にあります。

プロゲステロン黄体ホルモンはお肌のシミやくすみ黒ずみにも関わっています。

黄体ホルモンは体内でのメラニン色素大量に放出させる作用があります。

さらにメラニンが沈着しやすい状態にさせてしまいます。

そしてそのことからブスホルモンという別名が付いているほどです。

ホルモンが乱れる時

ホルモンが乱れるなにはどんな原因があるでしょうか。

ホルモンが乱れる時はパズ妊娠中やストレスが高い時生活習慣が乱れている時更年期などです。

このような状態が続いていると女性ホルモンの分泌に乱れが生じ黄体ホルモンがメラニン生成に関係してきます。

ホルモンバランスが原因の黒ずみを解消するには


ホルモンバランスが乱れるというのはそれ自体に原因があり例えばストレスや根生活習慣病といったものがありますが、それをいくら改善してもホルモンの乱れが解消されないこともあります。

しかしそれはどうやったら解消できるのでしょうか。

それはホルモンの乱れからくる黒ずみを外部的に退職することができるからです。

風邪を引いた時に風邪薬飲んで症状を和らげるということをする方がいると思います。

風邪をひかないように生活習慣をきちんとするのが大事なのですが、どうしても風邪を引いてしまうことがあります。

そうすると対処療法的に咳止めや鼻水どめを飲みます。

それと同じようにホルモンバランスが乱れてしまう背景に注目するの大事なのですが、どうしてもバランスが乱れてしまう時は見られてしまったホルモンではなくそれで起こるメラニン色素の沈着に注目してケアすることができます。

具体的には陰部や乳首などのメラニンが沈着しにくいように、メラニン生成を抑えてあげることや肌のターンオーバーを正常にするという事です。

それができるのがクリームです。

陰部の黒ずみクリームというのには、メラニンの生成を抑える成分が入っていてホルモンが乱れていてもこのクリームを塗っていればメラニンの生成が抑えられます。

さらにストレスでターンオーバーが正常でなくなっている場合にもクリームを塗ることで強制的にターンオーバーを正常にすることができます。

参考サイト:www.jeremyduns.net